寝る前に食事をすると睡眠の質が下がる?

 

寝る前に食事をしてしまうと、睡眠の質が下がってしまいます。

ここではなぜ睡眠の質が下がってしまうかを細かく解説していきたいと思います!

寝る前に食事はNG!?

寝る前に食事をしてしまうと睡眠の質が下がってしまいますが、これは消化する働きと、睡眠をする働きがぶつかってしまう為です。

寝る前に食事をしてしまうと、睡眠に身体が集中できなくなってしまい、質が下がるのです。

ですので、食事をするのは寝る前の3時間前くらいにしておきましょう!

また、質の良い睡眠をするにはリラックス状態が大切です。

好きな音楽を聴いたり、環境を整えることでより質の高い睡眠へといざなうことができます。

どうしても食事の時間が遅くなってしまったと言う方であれば、消化に良いものを食べるようにして、睡眠の邪魔をしないようにしましょう。

消化に良い食べ物としては、繊維質の少ない野菜や脂質の少ないタンパク質などが良いかと思います。

逆に、肉・繊維の多い野菜・魚類などは控えた方が良いかと思います。

寝る前に食事をすると太りやすい?

食っちゃ寝、食っちゃ寝を繰り返していると肥満になると聞いたことがあるかと思います。

食事を摂取すると、身体が栄養を取り入れようと働きますが、睡眠をしてしまうと栄養を取り入れ過ぎてしまい、太りやすい体質となってしまう恐れがあります。

ですので、できることなら食後に軽い運動を取り入れると栄養を適度に取り入れるようになるので逆に痩せやすい身体に導いてくれます。

肥満体質に悩まれているのであれば、食後の運動をおススメします。

そうは言っても中々できないものですよね。

激しい運動ではなく、ご自分に合った運動方法を探して、無理のない運動をするようにしましょう!

私も運動は苦手ですが、食後に運動をすると、血糖値の上昇が抑えられると聞いたので、自宅でできるエクササイズや足踏みなどを毎日少しずつですが行っていますよ!

健康な身体は一日にしてならず。

毎日の積み重ねが大切です!

食事の後は運動をしよう!

太りやすい身体にならない為にも、健康な身体を手にする為にも、食後の運動は取り入れて行きたいですね!

少しずつで構いませんので、無理のない運動をして行きましょう!

また、摂取する食事を改善し、健康に良い食事にすることで良い結果が早く訪れます。

運動と食事の両方を意識し、改善することで、より良い未来が待っています。

あたながいつまでも健康でいられることを願ってます。