運動前に食事をするのはいけないの?

運動前に食事をすることは一般的に良くないとされています。

なぜ良くないかご存知ですか?ここでは運動前の食事について書いていこうと思います!

運動前に食事をしてはいけないの?

運動前に食事をしてしまうと、消化不良を起こしてしまい、腹痛になる恐れがあります。

また、空腹時に運動を行ってしまうと今度は貧血になる恐れがあります。

ですので、運動の2時間前あたりから食事を意識し、摂取し過ぎないように努めましょう。

しかし、血糖値を気にされている方は食事後に運動をすることで血糖値の上昇を抑える事ができるとされています。

血糖値が上昇してしまう原因として、摂取したブドウ糖が身体に蓄えられてしまう前に、運動によって消費できるので、血糖値の上昇を抑えることができると言う事です。

確かに満腹状態で運動をすると消化不良を起こしてしまう可能性もありますが、血糖値を気にされているのであれば、食後の運動は心掛けたいです。

運動といっても軽い物で問題ありませんので、頑張りましょう!

運動前に食事をしても間違いではない

食べ過ぎは良くありません。

しかし、運動をすることが多い方は、運動前にバナナやチョコレートなどの血糖値を上昇させやすい食べ物を摂取することで、力を付けて運動をする方もいます。

運動前に食事をすること自体は間違ってはいませんが、食べ過ぎや飲みすぎると消化不良の原因となってしまったり体調が悪くなってしまうと言う事です。

考えて食べましょう。と言う事ですね。

食事も運動をするのに見合った食事をするようにすれば、スポーツなどではパフォーマンスが上がったり良い結果が生まれたりするものです。

運動前に食事をすることが間違っているかと言うと、一概には言えませんね!

食事はほどほどに

食べ過ぎてしまうと肥満体質になってしまったり、身体に悪い影響があったりと、良い事がありません。

ですので、できるだけ腹八分を心掛けて節度のある食事をしていきましょう!

また、食事をする際には、栄養を気をつけましょう。

糖分・塩分・油分の多い食べ物は極力控え、魚や野菜中心の食事を取り入れることで、より健康な身体を手にすることができます。

今まで何も考えずに食事をしている方は、歳を重ねてからいけなかったと気付くものです。

若い内からの食事改善が良い未来を築けると言うことです。

しかし、いつからでも食事改善は遅くはありません。

気付いた時から始めていきましょう!